うらうらに 照れる春日に ひばり上がり 心悲しも 一人し思へば   (家持)

 

凡人はかなしさの裡においてけぼり

生命成長のスピードに追い付けない

井戸の底から切り取られた空を見る