読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験生の母像

最近、仕事場で受験生の母なんですーみたいな事を言っていたら、うちの息子も受験しましたー という人がぽろぽろ現れた。

で、なんとなく、そのお母様方を見て、お子様の受かった学校がどのくらいかなんとなく見当がつくようになってきた。

サンプルは少ないけど。


変動要因はなんだろう。

根アカ、家が心地よさそう、押し付けない

知的レベル

知的好奇心

目指してるところ(当たり前と感じているレベル)

手をかけてる度合い(コピーしてあげるなど、家庭教師なども含む)

かなぁ?

特に1番根アカかどうかが大きい気がする。育ちがいい人って発声ポイントも上目なんだよね。男女問わず。

これが、人間どうするか、より、どうあるか、って事なのかなぁ。


それと比べ、既に小学校の時に親に女太宰と言われた我が身を振り返り、落ち込んでしまった。


いや、親で全てが決まるわけではないんたよ。本人のヤル気だよ。

ほら、おさかなは春も勉強しっかり自学できてるし。いやむしろ私いない方が、進んでる!宿題のページや科目間違えは頻発してるけど、量的には凄い時間やっているのがわかる。私が話しかけないぶん、集中できるみたい。(´⊙ω⊙`) ウレシいけどサミシい。


ドリームキラーにならないよう志望校を全力で応援する

長期的な目で見て、今した方がいい事を判断する

嫌なことしない押し付けない

考えを支持する

集中する時に話しかけない

(勉強机は奥の部屋にするか要検討)


ネクラなりに心がけてみよう。