浦舟に帆をあげて

植物園でおさかなと歩いていると、

今〇〇の虫の求愛の泣き声が聞こえたね、とか

鳥の声が聞こえたねとか、

私の聞こえない音が聞こえている。

特に遠くて高い音。コレは、、ついに私が歳なのだろうか?笑

耳を傾ければきこえるから、集中の問題か。

思考の中でぐーるぐるになっている大人と、

マインドフルネスな小学生。

 

植物園にはメンデルさんとこから来たぶどうの木がある。

メンデルは死んだあと100年?位経って、

その功績が世に認められたんだって」

ほーう、それはすごいね。

それをやる好奇心や熱意よく続くね。

前に何とかっていう科学者が、受賞の会見の席で、

その研究をどう役立てたいと思いますか?と記者に問われて、

は?やりたいからやってるんで、役に立つとかは…

ってこたえてたけど、ぽいな〜と思ったよ。

ところで、おさかなは、

自分の研究が生きてる間認められなくてもいい?

と聞くと、黙っていた。

 

私は熱中キチガイに育てようとしているのか?

世に役立つという視点をもって生きることを教えるのか?

世の役に立つ以前の、現世利益的な、金とパンツ教の勝者になることを教えるのか?

いづれどの船にか乗らなければならないだろうけど

どの船をオススメするのか?

中学校の、学校説明会でそんな事を考えていた。

 

そして、ついセンセーに

子どもがエルディッシュみたいに好きなことばっかやって

どっかいっちゃった場合それはそれで仕方がないのかなぁ?

なんて誘導尋問的質問をしてしまった。

要は家族が亡くなる・何処か遠いところへ行くのを自分のせいにしたくない

パート3の予防線を張っているのだろう、と後で気づいた。

心が弱っている!

なんて考えていたらおさかなに、何考えてんの?と聞かれた。

おさかなは上記3つあるとしたらどれメインで生きたいの?と聞くと、

「あ〜それね〜IセンセとHセンセが、

俺将来一万円札で鼻かめるようになりたいって言ってた❣️

しかも二人共言い方違ってて〜

ミシン買って一万円札の腹巻作るんだって❗️」

 

暫くこのセンセイ達に任せようと思った。