廃墟漂流

最近やっと塾の先生の著書を読み(おさかなは既に一年前に読んでいた)

そこに載っていたほーむぺーじを見た。

2003年位にうち捨てられたままの廃墟サイト。

あのころみんなサイトを作ってて、ブログが登場し、

そして2001から2003年頃廃墟となった。

今日先生に数日前サーバー落ちしたみたいよと告げると、

えー まだあったの、みたいな反応。

御礼のメールをそこから匿名で送るか、と思ったけど、もうできないなぁ。

 

 

昔のサイトを見るのが好きだ。キャラ丸出しで。

 

私が学生の頃、友人から面白いよ、と勧められたサイト、

生まれてきてすいません ←検索したらまだあった

主にガンダムと下ネタのギャグばっかり書いてあるのだが、

何だか、、もしかして、、これは、、

高校の時に来た教育実習の先生だ!と気づいた。

たった二週間だったが、誠実で教養があり、

軽くゲスな感じが印象に残っていた。話したことはない。

メールすると本人だった。

二週間、担任にくっついてて、授業は2回位か。

それから2、3年後。人は覚えているものだ。

匿名のネットの海でも判別することができる。

だから、先生って大事。影響を受ける人って大事。

短期間でも、出会う、向かい合う、って大ごと。

 

だから今日は、大好きな先生の異動の報を聞き

大変なショックを受けた。