読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の収穫

今日は算数をやった。

できない問題→自分で図を書かないといけないやつ。

できる問題→図が書いてある、もしくは自分で書ける簡単めのやつ。

                     もしくは大問の(1)

つまり、文を読んで、条件整理出来ていないのではないか、という仮説。

だから図形は割と出来たのかな?

前回の速さの所は図がかけてたから割と出来てた。

(大問1.2でおおこけしたから点数は低かったが理解はしていたと思う)

そういえば、理科もそうかも。

国語も何となくでやってないか今度見てみよう。

 

必要なのは何だろう。

文を読む根気、飛ばさず丁寧に数字を追う、図を書いてあーでもないをやる、

巧緻性。

図がすっと思い浮かべるようになれば書かなくていいんだろうけど。

 

あと、指摘する時に、紙に書きながら伝えるといいみたい。

同じ事何度も言う手間省けるし、感情的にならない。

(普段から煮詰まると紙に書いて整理するクセがあるからかもしれない)

これは続けよう。

 

マズロー 的な。

一週間おさかなとご飯を一緒に食べる事がなく、

寝顔に行ってきますただいまな日が続いたら、

あっと言う間に偏差値が20位下がった。

応用まで大体解けてたし、勉強量自体はそんなに下がってない気がするけど、

計算とか漢字とか上半分ガタガタで、如何にもメンタルに来ました的回答用紙であった。

 

仕事も一段落したので、マズロー的に回帰しよう。土台をしっかりとね‼️

特に、眠たそうだ。23時過ぎて寝ると翌日もうダメ2230も怪しいライン。

→塾のない日は出来たら21時には寝せたいなぁ。週に2日は早く寝せる。

  消化に時間のかかる脂質や肉は夜少なめに。

 

一人で寂しかったかな?よく電話してたけど、土曜日一日一人の時もあったし。

→家でひとり勉強は極力さける、塾、ファミサポ、ひとり親シッター利用する。

   仕事繁忙期はおばあちゃんにきてもらう(余計に面倒になりそうだが)

 

今回叱るほどの時間も無かったが、忙しくなるとどうしても急かしてしまう。

→急かさず、時間を区切り、自覚させる。褒める、ところが見つからない、イライラするときはとにかくギャグに変える。

 

 

マズロー的な、でもう一件。

先日理科の先生が、授業をブンブン飛ばしていたらしく、

「あれは算数の先生なんかじゃなくて、科学者だよ!」

と難しい授業に半泣きになりながらも、

「僕は科学者になるからあのレベルじゃないとダメなんだ!」

と歯を食いしばっている様子が何とも面白い(笑)

しかし、これはー・・・

私が下支え出来る時期は良いけど、繁忙期にブンブンブームが来ると

マズローのだるま落としになる恐れがある。

 

自己実現を追い求め過ぎると、マズローの下部分が底抜けになる事があるって

どこかで読んだけど、検索しても見つからないなぁ。

今の我が家ではないか。

あと、クラス的には眼鏡のミスター下剋上の足音が聞こえてきますね笑

 

頑張って生活を支えよう。

生活が、一番。

(ってどこぞの党のキャッチでらあったような。)

 

1って書いて。

おさかなが地図帳の裏の、名前の欄を指差して見せた。

クラス、名前。

クラス:1 名前:おさかなさかな

ん?コレって、、いつ書いたの?

「去年!」

いや〜図々しいオトコやわ〜! まだ上がったこともないクラス書いて〜!

「去年、ママが書いて、って言ったんだよ!」

は?

『記憶に御座いません。』

「僕はその時のクラス書いたのに、ママが書けって言ったの!」

『記憶に御座いません。』

 

昨日の自分は他人です。

明日の自分も他人です。

記憶力のなさは人一倍なのは自覚してる。

だから仕事の時、異常にメモを取ったりマニュアル作ったりするんだけど。

怖いね〜(=^▽^)σ

 

さてこれから、2週間はおさかなとすれ違い生活になり、

勉強どころか、生活もままならなくなる。

得意分野で頑張って頑張って、皮一枚で引っかかったんだけど、

このクラスいい記念だったねにならないよう頑張ろー ナハナハナハ

 

好敵手たち

下剋上受験でライバルが云々という話があった。が、

ウチでは小さな頃から、

自分の描いた姿に向かって進むんだよ、

と言い聞かせていた。

北島康介が一位になったゴールの瞬間、掲示板のタイムを見て、

ああ、(残念) みたいな表情をしていて、

強い人はきっと、何位というのも競うけど、

自分の目標で動けるんだな、と思ったから。

しかし、

おさかなのクラスが上がって初めての授業、

周りのスピードに度肝を抜かれたらしい。

朝、鼻提灯で計算問題をやっていたが、目が覚めた様子。

記述もいつもは時間がなくて空欄なのに、書き直した跡まである‼️

環境ってすごいな。

私がそこに入ればひくと思うのだけど、

おさかなは競争する事で生き生きしている。

別の人格なんだ。

外に預けて良かった。

春眠

2月、機械のオモチャがやって来て、おさかなは早起きができるようになった。

まだ2週間だから、これからが習慣になるかどうか境目だろう。

朝起きてボタンを押すとはなまるマークがつく。

かなりご満悦の様子。

ママもご機嫌である。

金だらい落とされなくて良かったね❣️

 

しかし。大体22時に寝て、6時に起きる。足りないみたい。

私もそれでは足りない。。

こんな親子で、受験乗り切れるだろうか。

特に冬は睡眠時間が長くなるので(人間はみんなそう)ラストスパートきくかしら。

 

今朝は計算30分かけて3問しか解いていなかったので、

もう、丸つけて、漢字に入って下さい、というと

「わかった」

・・・数分経過・・・

「あと少しで計算終わる」

はぁ?わかったいうたやないか!!

その後も、宿題はBのところ、Aやってる!!

このモードでは何を言ってもダメである。

 

緊張感が少し取れてきたのかな?

一度ガッツリ寝せたいなぁ。

睡眠の本はかなり読んで、光、温度差、食べ物、刺激物など調整してるつもりなんだけど、、

みんな眠たいのどうしてるんだろう。

恋とマシンガン

喋りすぎだ。

1月のおさかなのテーマソングはこれ以外ない。

授業の振り返りをしようにも、

好きな女の子の話と、先生の話、社会の日は授業の話からの豆知識トークが止まらない。

仕事で疲れて帰って来たら、嫁さんの爆烈世間話でまた疲れるおとーさんの気持ちがわかる。

楽しいからいいんだけど。

 

昨日社会の見直しを聞いていた。おさかながザーッと答えを言って、分からないところにチェックをつける。年号とか人名だけ追加で聞く程度。

大概が私の質問教室。

ダースベイダーや猿のマネなどしながらノリノリで説明してくれる。

 

日本はこの会議に出席してたの?に何で軍拡堂々とやってんの?

これ出席した人、どのツラ下げて、になんないの?

と聞くと、四年前の歴史人を出して来て、会議の写真を見せてくれた。

「日本はせめて7割で、と攻防したけど、6割にされた」

 

一年生、漢字が読めないからちょっとずつ布団の中で音読していたものが、

数年後こういう形で現れてくるんだなぁ。(しかし読んだ人間は覚えていない)

 

算数もマシンガントークにならないだろうか。

今回は(予想通り)真剣に算数がヤバイ。

中学への算数は予約した。(難しすぎか?)

虚数の情緒は積ん読のままだ。(当たり前か。)

ママ算数わかんなーい、教えて〜 か、

算数できる男の子ってかっこいいよね〜 か、

おさかな算数得意だよね〜(洗脳レベル) か、

 

どうしたら良いのかなぁ。。。

 

 

狂っている そうだろう?

今日は靖国神社遊就館へ行った。

その前にお堀端で昼を食べていると、目の前を武蔵の生徒さんたちがぞろぞろ歩いていた。強歩大会で葛西臨海公園から26キロ歩くらしい。賢いのに普通っぽい感じがいいなぁと思う。みょーにおたくっぽいとか逆にオシャレとか感じない。校舎も鳥の声が聴こえるし、ヤギも小川もあるし、酪農体験あるし、校舎の裏に打ち捨てられた机や落ち葉が放置してあるあたりゆるくていいと思うんだけど、、本人は蛇と広い理科室のある学校がお気に入りらしい。

 

さて、遊就館は。

戦争に関するお涙頂戴満載で(すみません。)、疲れて切なくなって戦争って辛いね、みたいなテンションで帰るのかなぁと予想していたが、違った。

神武天皇に始まり、坂上田村麻呂など日本の武将?と戦いの歴史がずらりと展示されていた。変に美化も否定もされた感じはなく、展示も分かりやすく、勉強になったし面白かった。弓、鎧、刀、砲台、戦艦、戦闘機など、男の子のワクワクアイテムがたくさん。地図も映像もあるから、旅順もポンフーもバルチック艦隊の通り道も理解できた( ´ ▽ ` ) 明治あたりまでは面白かったのだが、まだおさかなの習ってないところになると、とたんに読む気が失せた。知らない単語が多過ぎて入ってこないのだ。こういう体験から、とりあえず主要な漢字や歴史人物の名前に慣れさせてから広げていくっていうのは、いいやりかたなんだなぁと実感した。しばらくして今度また行こう。

 

中には、吉田松陰の筆跡があった。クセのある字だなぁとみていると眩暈のするような緊迫感というか、そういうものを見たときに感じる、時空が歪んだ感じがあがってきた。

狂っている、そうだろう?

きっとこの人から見れば皆のほうが、そうなんだろう。

人が人を動かすとき、物事が動くとき、こういうエネルギーがあるんだろうな。

良い意味でも悪い意味でも。

 

おさかなはというと、今まで大好きだった飛行機や船にキャピキャピもしていたのだけど、

展示されていた穴だらけの鉄ヘルメットや三笠のガラスにショックを受けていた。

戦争ってこわいね、やっぱり本物見ないとだね、と何度も何度も言っていた。

 

そういえば、東京の桜の標準木は靖国にあるのだが、また見るのを忘れてしまった。

今度また見に来よう。

休眠打破されたかな?