ひひょう

来るか来るかと 浜〜へ〜出て見れば〜

 

来ない。反抗期も成長期も。緊張感も。

相変わらず勉強の出だしは鼻唄。進むと音読ラップの風雅者。

時間内に出来ればいいけど、試験中にそれやらないか、心配💧

たまに注意してたけど、気分良いならいいかと最近はほぼ放置。

ワセアカの模試後説明会で、そこ受ける子たちは鬼気迫った感じとか、ピリピリ感とか所謂テレビで見る様なえいえいおーみたいな感じはないです。当日も、どんな問題が出るのかな〜みたいなキャラの子が多いです、との事だった。

それ聞いてかなり安心した。

 

そんな中にも少しずつ少しずつ、計画、実行がうまく出来るようになってきたり、

疲れた〜というので、もう寝るか?と言うと、いや、やる、と勉強を続けたり、

しっかりしてきた実感がある。

 

今のところ、おさかなの特徴的な所は、勉強、運動、エロ話でもなく、批評だと思っている。

話しや唄の批評。

塾のIセンセーとかHセンセーは感動的な話の後には、間を置いてから、ギャグをいうんだけど、Xセンセーはすぐギャグを言っちゃうんだよね。笑いを取るのを待てないから下ネタ多いんだと思う。(翌日、私は説明会でI先生がまじめな話の後、間を置いて、私明日から休みに入るんですけどw、って言うのを目の当たりにした)とか、

玉置浩二のモノマネしてるコロッケ見て、腹の筋肉が全然違う、とか、

ママの発音は表面的にとってるから、ウィー になるけど、師匠のは腹から出してるから、結果的にそう聞こえるけどそうじゃないの、とか

この唄はここを一番大きく唄うと良かったと思う、とか

(ママと僕は共依存だよ、とか)

たまに はっとする事を言う。

すごく柔らかな皮膚や感覚器で繊細なものを受け取っているんだろうね。

 

今まで模試の読解で、すごい悲しい話、すごいグロい話はすぐに伝えてきたけど、

珍しく小林秀雄の話を伝えてきた事があった。

何か、そういう喋る仕事につけばいいのにね。

 

カタバミ

家に帰ると、置き手紙。

f:id:osakana555:20171204192903j:plain

f:id:osakana555:20171204192922j:plain

ちなみにカタバミはうちの家紋。

 

仕事が終わり、電話をする。

「学校のが終わった」と。

えー、じゃあ問題集とか毎日やるやつは?

「今始めた!」

(-_-;)     もう、でる時間ですが、、、

なんて会話をしていた。その時は一切写真の話はしなかった。

 

先日、理科で出てきた植物の種の飛ぶところなどを殆どネットで見た。もう受験直前のこの時期にバカなんじゃないかコスパ悪すぎだろうとも思ったが、2人とも好きだからついつい見てしまった。こんなの。


カタバミはじける

翌日おさかなが畑で種を弾けさせて遊んだと。ずるーい 私も見たい見たいというと、

「全部やっちゃった( ・∇・)」と。

 

おさかなは、ママを喜ばせたかったのに、怒られちゃった。

カタバミ花言葉

「喜び」「輝く心」「母のやさしさ」

 

((つД`)ノ

かしこくないから

算数の短問の問題集をやっていて、

「ぼく、あんまりかしこくないから、応用問題、ほどけないんだよね」

と言った。

 

かしこい、かしこくないの問題じゃなくて、

君には武器が少ないし、わからないものを3つから2つに落とし込めばいい、みたいな抽象的に一歩下がって見るくせがない。

今まで幾ら解答を見てやり方を身につけなって言っても頑なに拒否して来たからだよね。

泡立て器がないとふわふわのスポンジケーキは作れません。

戦艦だけで戦争はできません。

ヤギを水辺に連れて行っても水を飲ませる事はできません。無理やり飲ませると水雑炊を食らわす事になるよね。

君が何を求めているかじゃないの?

一問を自分なりに解き続けたいのか、

合格したいのか、

 

って話したら、少しは肚落ちした様子。

算数の先生から見ればどうなんだろうね。

まー   直ぐには無理だろうな。

 

なんでー

陰樹の高木w の森では陰樹しか育たない。森林の様子はそれ以上変わらない。その状態を極相林という。

 

なんでー

はたらくくるま

f:id:osakana555:20171117072748j:plain

朝陽に映える観音様。

 

今日の仕事は製薬会社の研究所。アタマよさそうな人ばっかだよ( ・∇・)

刺青ばっかな職場とか、か細い腕したレディースばっかな職場とか、

場所によってカラーがでるね。

起床確認の電話がてら、現地から色々話すけど、

ふーん、へーえ! いい反応だねぇ。

今は私が色んなこと話して聞かすけど、おさかなが大きくなったら、

色んな場所の色んな人たちの話をききたいな。

 

放射熱線の絶望感

シン・ゴジラを録画。

勉強を早く終わらせ、休憩に毎日少しずつ見る。

声が少し枯れていた。もしや。

声が枯れてるね。学校でゴジラのマネしてたの?

「そう!放射能熱線がね ‼️‼️(以下略)」

大きな声出して、周りの迷惑にならない様にね。

そういえば、将来の夢の発表があるんだっけ?

「うん。ゴジラになりたい‼️(お目々キラキラ✨)」

・・・

・・・

(以下アニ声)そっかー!それはたーのしいねー

じゃあおねぇさんとみんなでおどろー!以下歌。

 

年相応の心情を、ってこれ、幼稚園児か要支援児?

まあ、いいんだけど、みんなこんな感じなのかな?

六年生ってもっとマセてない?男の子だから?

 

最近ちょっとイライラしてたから、もうすぐしたらまた

読解の点数上がるのかな、と思ったりもするのだけど、

精神の成長頼みでなく、論理的読解や記述を学びたいところ。

センセーはとにかく書くことです。って言うけど、

第一志望の記述は誰が見てくれるの?

 

上のクラスの子は、1学期から他塾で志望校別特訓補講に入り

こちらの塾でも志望校別特訓に残る。授業でも記述を見てもらえる。

両輪の完璧な布陣。

幼稚園児は未だに基礎をやり直している。

こうやって等比級数的に差が開いていくんだなぁ。悲しいね。

The Thin Red Line?

色々線を引いてみる。

合格予想点から10点ずつ線を引く。

一教科2.5点ずつ。

各教科一問ずつか、部分点もぎとるか。

一番のボリュームゾーンって、、、すごいね。

合格と不合格は紙一重なんだね。